MENU

弁護士法人あきや総合法律事務所 3つの特徴

①高次脳機能障害の専門性と多数の解決実績

当事務所は、高次脳機能障害の後遺障害等級の認定及び賠償金の獲得に関して日本全国トップクラスの実績とノウハウを持っています。

②後遺障害等級を受けるための万全サポート

診断書及びレントゲン、CT、MRI画像の分析を行い、その結果を解りやすく説明し、今後の方針や進め方を説明します。

③交通事故被害者とご家族の生活を守ります

家族の誰かが重度の高次脳機能障害になってしまった場合、他の家族が将来の介護費の補償を受ける必要があります。

  

こういう症状が出ている見られるときは高次脳機能障害を疑う必要がります。

・事故前より怒りっぽくなった。
・人の名前が覚えられなくなった。
・物忘れを頻繁にするようになった。
・事故以前と比べて記憶力が悪くなった。
・味覚が以前と比べて変わってしまった。
・調味料を以前よりたくさんかけるようになった。
・事故前よりも疲れやすくなった。
・事故前は活動的だったのに、事故後は家にいることが多くなった。

※家族の方は注意して気づいてあげて下さい。本人は自覚しないのが通常です。

高次脳機能障害は見過ごされやすい特徴があるということ。

当事務所で対応している高次脳機能障害のケースの多くは、最初から高次脳機能障害ということで相談に来られた訳ではありませんでした。当事務所に相談に来られて、CT画像やMRI画像を確認したところ、脳に異常が発見されて初めて高次脳機能障害である可能性があることがわかったのです。 それほど高次脳機能障害は見過ごされやすい特徴があるということに注意して下さい。

交通事故後のこういったケースでは早めにご相談下さい。[ 全国対応 ]

・高次脳機能障害の診断を受けた。
・脳挫傷、硬膜下血腫、硬膜外血種、頭蓋骨骨折の診断を受けた。
・今後の手続きや自分達家族は何をすべきかもわからず不安だ。
・頭部外傷や高次脳機能障害のケースの注意点を教えてほしい。
・高次脳機能障害の症状が出ている見られるのに治療終了と言われた。
・病院の先生が後遺症についてあまり協力的でないので不安だ。
・病院の先生にうまく説明する自信がないので一緒に病院に行ってほしい。
・依頼した弁護士が高次脳機能障害についてあまり詳しくないので不安だ。
・依頼した弁護士が後遺症の申請手続を保険会社に任せきりだ。
・高次脳機能障害として認定された後遺障害等級が適正なのかわからない。
・認定された後遺障害等級について異議申し立てをしてほしい。
・提示された示談額が適正なのかわからない。

解決実績

徹底したサポートで被害者とご家族の生活を守ります。

高次脳機能障害は後遺障害等級認定の難易度が高いことから、専門性と事績を有し、最初から最後まで責任をもってサポートしてくれる弁護士に依頼しないと適正な後遺障害等級の認定や賠償を受けることはできません。 当事務所は、高次脳機能障害の後遺障害等級の認定及び賠償金の獲得に関しては全国トップクラスの実績とノウホウを持っており、徹底したサポートを行い、被害者及び家族の生活を守ります。

お気軽にお問い合わせください。 [ 全国対応 ]0800-800-7252受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでお問い合わせ 相談無料 24時間受付中!
PAGE TOP