1人でも多くの高次脳機能障害の被害者とご家族を救いたい。

高次脳機能障害は、非常に大きな後遺症を残し、事故前と同じように働くことができなくなることが多いため、適正な後遺障害等級の認定を受けて、適正な補償を受けないと怪我をした本人及びその家族の生活は破綻してしまいます。

高次脳機能障害は、非常に大きな後遺症を残し、事故前と同じように働くことができなくなることが多いため、適正な後遺障害等級の認定を受けて、適正な補償を受けないと怪我をした本人及びその家族の生活は破綻してしまいます。

そして、高次脳機能障害は救済の必要性が大きいにもかかわらず見過ごされやすいという大きな特徴があります。

私は、これまでに怪我をした本人とその家族の方が、高次脳機能障害だと認識されなかったため大変な思いをしているのを目の当たりにしてきて、高次脳機能障害の被害者を1人でも多く救いたいという思いからこの高次脳機能障害専門サイトを立ち上げました。

そして、高次脳機能障害は後遺障害等級認定の難易度が高いことから、専門性と事績を有し、最初から最後まで責任をもってサポートしてくれる弁護士に依頼しないと適正な後遺障害等級の認定や賠償を受けることはできません。

しかも、高次脳機能障害は、事故後早い段階からサポートを受ける必要があるので注意が必要です。事故後早い段階から頭部について必要な検査をしていないと後遺症の証明ができなくなることがあるのです。

当事務所は、高次脳機能障害の後遺障害等級の認定及び賠償金の獲得に関しては全国トップクラスの実績とノウホウを持っており、徹底したサポートを行い、被害者及び家族の生活を守ります。

代表弁護士  秋谷 剛志